スワップ投資法とは?

ケン太流スワップ投資法で賢く資産運用しよう!

はじめまして

 

ブログ『豪ドルFXで毎月30万円スワップ金利生活』の管理人ケン太です

 

ブログの名前が表す通り「豪ドル」専門で取引をしています。
売買差益よりもスワップ金利の収入をメインに考えて取引しています。

 

1、スワップ投資とは?

 

FX取引の大きな魅力のひとつに「スワップポイント」があります。
スワップポイントとは、金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する金利差のことです。

 

金利の低い国の通貨(例えば日本円)で金利の高い国の通貨(例えば豪ドル)を買うと、プラスのスワップポイントが発生しますので、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

 

逆に、金利の高い国の通貨で金利の低い国の通貨を買うと、マイナスのスワップポイントが発生しますので、毎日スワップポイントを支払わなくてはなりません。

 

「スワップ投資」については厳密な定義が無いのですが、
「金利の低い国の通貨(例えば日本円)で金利の高い国の通貨(例えば豪ドル)を買い、中長期的にポジションを保持して、スワップ&為替差益を得る投資法」とイメージしていただければいいと思います。

 

もちろん、相場が上昇し、為替差益が大きくなったときには利益確定する場合もあります。

 

2、各通貨の簡単な特徴

 

では早速、スワップ運用に向いている、向いていない通貨を
各通貨の特徴ともに、簡単にご紹介します。

 

1)米ドル
世界の基軸通貨。
世界的に流通量が多く、取引高も多い通貨です。
TVでも為替レート情報が流れますのでレートチェックがしやすい通貨です。
トレーダーのブログなどでも米ドル関係が多いですね。

 

2)ユーロ
米ドルについで取引量が多い通貨です。
加盟国が順次増加しており「第2の基軸通貨」とも呼ばれています。
ただ加盟各国の意見調整に時間がかかるため、経済政策が後手に回る懸念も出ています。

 

3)英ポンド
金利が比較的高いのでスワップ派にも人気のある通貨です。
ただ、値動きが大きいので「殺しの通貨」とも言われています。
FX取引に慣れていない人は手を出さないほうがいい通貨とも言われています。

 

4)スイスフラン
日本と同様に低金利通貨なので、スワップ投資には向かない通貨です。
「戦争」などの有事の際には、リスク回避で買われやすい通貨です。

 

5)豪ドル
金利が比較的高いのでスワップ派にも人気のある通貨です。
資源国なので「人口増加、世界経済の成長」などが追い風となり、今後も上昇する可能性が高い通貨の一つです。

 

6)NZドル
豪ドルと同様、金利が比較的高いのでスワップ派に人気のある通貨です。
通貨の流通量が少ないため、ちょっとした政策変更でも値が大きく動きやすい傾向があります。

 

7)カナダドル
豪ドルに比べて、金利はやや低い通貨です。
資源国なので「人口増加、世界経済の成長」などが追い風となり、今後も上昇する可能性が高い通貨の一つです。
米国との関連性が高く、米国経済に影響されやすい特徴があります。

 

8)南アフリカランド
金利が非常に高いのでスワップ投資に人気が高い通貨です。
経済成長はしていますが、高い失業率など社会不安もある国です。

 

9)トルコリラ
金利が非常に高いのでスワップ投資に人気が高い通貨です。
EUとユーロへの加盟を目指して、構造改革を進めています。

 

3,資金管理表を作成しましょう。

 

次に、トレードをするために最も必要なことをお教えします。「資金管理」です。

 

経済指標やテクニカル分析も非常に重要ですが、資金管理が徹底できないと資金を順当に増やしていくのは難しいでしょう。
そのために、下準備として、資金管理表の作成をお勧めします。

 

まず、自分が投資できる「金額」と「レバレッジ」を決めます。
初心者の方には、レバレッジ2倍までをお勧めします。

 

例えば300万円の資金でレバレッジ3倍まで買うとします。
その場合、1豪ドルが90円の時に、資金300万円、レバレッジ3倍で買えるのは
最大10万豪ドルです。

 

実際に豪ドルを買ったら 購入日、購入量、購入単価 を資金管理表に記入します。
(購入量 x 購入単価) ÷ 資金量 = レバレッジ となります。

 

今回の例では、レバレッジが3倍に達したら購入をやめます。
そして、スワップが貯まり、レバレッジが3倍以下になったら豪ドルを買い増します。

 

FX資金管理表には、累積スワップを入力する欄を設け、累積スワップを含めてレバレッジ計算するように作るといいでしょう。

 

スワップ運用の場合、一日で○○万円も儲けた!というおいしい話はなかなかありませんので、初心者の方は、通貨を買いすぎてしまう事が多々あります。

 

それを防ぐために、今の自分の資金がどのような状況にあるのかを、常に把握しておくことが重要になります。

 

私もFX資金管理表を作って、スワップポイントの高い豪ドルを運用しています。

 

4,スワップポイントが高いFX会社は?

 

スワップポイントは日々変動していますので、FX会社のスワップポイントも毎日変わります。
新しく業務を開始したFX会社で「スワップが高い」ことを売り物にしている場合があります。
最初はスワップが高いのですが、ある期間経過すると、いつの間にかスワップが他社より安くなっている場合があります。

 

「スワップ投資」の場合は、ポジションを中長期で持つことが多いので
FX会社を選ぶ時は、より慎重に選ぶ必要があります。

 

私は毎週末に各FX会社の豪ドルスワップを調査していますが
今まで、スワップポイントが一番安定して高いのは フォーランドオンライン です。

 

ちなみに、豪ドル同様に、NZドルもスワップが高いです。

 

 

私のブログで毎週公開している「豪ドルスワップランキング」でも
いつも1−3位に入っています。

 

私もポジションを持っており、スワップ投資におすすめのFX会社の一つです。

 

しっかり資金管理を行い、スワップポイントの高い会社で運用すれば
長期的なトレードが可能になります。

 

みなさんも、スワップポイントで資金運用してみるのはいかがでしょうか?